▣ 한일사회문화포럼 회원제도 안내

한일사회문화포럼은 한일 지적교류 및 커뮤니케이션의 증진을 목적으로 1999년에 만들어졌고, 그동안 한국과 일본, 그리고 동북아시아의다양한 시민교류를 기획하고 중재해 왔습니다. 한일사회문화포럼의 활동은 위한 예산은 한일 양국의 정부기관, 경제계, 개인으로부터 후원받고 있습니다. 후원해주시는 한일 양국으 관계기관과 개인에게 깊이 감사드립니다.

 

한일사회문화포럼은 앞으로 더욱 안정적인 활동을 하기 위해서 많은 분들의 응원을 부탁하게 되었습니다. 한일사회문화포럼의 자주재원(自主財源) 확립과 자금조달(資金調達)의 일환으로서, 2010년 10월부터 회원제도(會員制度)를 도입하게 되었습니다.

 

여러분이 기부해 주시는 소중한 회비는 한일사회문화포럼을 유지하고 활동하는 경비로 사용됩니다. 한일사회문화포럼의 취지에 찬성하시는 분들의 협력을 기다립니다.

● 회비 (會費)

▲ 참가회비 기준표 (실제 회비는 각 프로그램의 안내문을 참조해 주세요).
▲ 참가회비 기준표 (실제 회비는 각 프로그램의 안내문을 참조해 주세요).
▲ 2013년도 8월 한일워크캠프 in 쿄토
▲ 2013년도 8월 한일워크캠프 in 쿄토

- 회원기간은 회비 입금일부터 1년간입니다.

- 회원특전: 연회비를 납부하신 회원에게는 한일포럼의 다양한 프로그램을 수시로 안내하고 참가신청 시에 우선 선발되도록 배려합니다. 


▲ 한일포럼 활동의 참가자들
▲ 한일포럼 활동의 참가자들

여러분!!   아래와 같습니다. 부디 부디 혼동하지 않도록 부탁드립니다!!

 

▶ 한일사회문화포럼  www.kjforum.org

1999년에 설립됐고 2003년에 외교부에 비영리민간단체(NGO)로 등록된 단체의 이름입니다. 

※ 한일사회문화포럼의 활동과 포부 (회의체에서 현장으로, 한일에서 아시아로) 

 

▶ 한일포럼  www.kjforum.org

단체이름이 길어서 줄여 부르는 거예요. '대한민국'을 '한국'으로, '중화인민공화국'을 '중국'으로 '외교통상부'를 '외교부'로 줄여 부르고, '행정안전부'를 '행안부'로 줄여부르고, '경상북도'를 '경북'으로 줄여 부르는 것과도 같습니다.

 

▶ 아시아희망캠프기구 www.workcamp.asia

2012년 6월에 설립됐습니다. 한일사회문화포럼과는 다른 별도의 비영리단체(NGO)입니다. 한국과 일본을 포함한 아시아 각국에서 볼런티어 워크캠프를 하고, 매주 토요일에는 자원봉사 세계지도제작을 하고, 전국에서 자원봉사릴레이를 하고, 국제협력사업(ODA)과 공정무역을 하는 단체입니다. 한일포럼과 협력사업을 하기도 합니다. 

 

▶ 한일미래포럼 http://www.kjforum.org/한일미래포럼

한일포럼이 주최하는 여러가지 프로그램 중의 한가지입니다. 한일중고생포럼이나 한일국회의원포럼도 한일포럼이라고 하는 단체가 주최하여 실시하는 프로그램의 한가지인 것처럼, 한일미래포럼 역시 한일포럼이 주최하는 프로그램의 한가지입니다.   

 

▶ 코리아플라자히로바  www.korea-plaza.com

한일사회문화포럼과는 별도의 주식회사이고 2013년 10월 1일에 설립된 법인회사입니다. 비영리단체 한일포럼이 주최하는 교류사업을 코리아플라자히로바가 주관하게 하여 수입과 지출을 투명하게 하고 수익이 발생하는 경우에는 과세를 분명하게 하기 위해 만들어진 회사입니다. 코리아플라자히로바는 한일포럼과 아시아희망캠프의 자립을 돕고 투명한 회계처리를 합니다. 코리아플라자히로바는 '국외여행업자(관광사업등록번호 2014-58)'로 등록된 주식회사이고, 관광진흥법 제9조 동법 시행규칙 제18조에 의거한 공제규정 제5조에 따라 한국관광협회중앙회 여행공제회에 가입되어 있습니다. 

 

 ------

 

【日本語での団体紹介】

韓日社会文化フォーラム(以下、韓日フォーラム)は、韓国の外務省に登録された非営利民間団体で、日韓問題をめぐる正確な情報と多様な意見を自由に交換するための場として1999年に作られた団体です。「韓日フォーラム」は、日韓の多様なグループ間の対話を実現するため、日韓ジャーナリストフォーラム等、各種のフォーラムを開催してきました。2006年には実質的な相互理解と交流事業を重点事業とするために組織を立て直し、日本の自治体やNGO・NPOと協力して日韓文化交流を行うようになりました。大学生インターンシップボランティアホームステイ高校生交流スポーツ交流ワーキングホリデーなどの実施を通じて日韓文化交流を行って来ました。

2006年から、日本での職場体験を希望する韓国大学生を日本の自治体やNGO・NPOに紹介する事業を実施しています。これは韓国の政府と大学が費用を全額支援して単位を認める16週間の無給インターンシップ事業の一環ですが、2011年以降は熊本をパートナーとして実施しています。韓国人大学生の満足度は驚くほどに高く、インターンシップに参加する韓国大学生が「くまモンのモンバサダー」として熊本営業部長の仕事を手伝っています。
2010年から毎年1回、真夏の1週間、韓国全国から集まった20名の高校生が島根の高校生たちと一緒に出雲海岸で漂着物回収ボランティアを行っています。日本側のパートナーは島根県国際課及び廃棄物対策課です。2011年3月11日に発生した東日本大震災の際に、韓国でボランティアを募集したところ、わずか1週間で志願者が500人を超えました。当時、ソウルの光化門での全体集会では「なぜ早く被災地へ行かないのか」と参加者から「韓日フォーラム」が糾弾されるほどの熱意でした。

2012年からは「アジア希望キャンプ」を進めていますが、これは日韓関係の次世代を担う日韓の青年たちがアジアの貧困と災害の地域に希望を与えるボランティア活動を共同で行なうというプログラムです。「韓日フォーラム」は2011年の夏、宮城県の被災地で行なった「日韓ボランティアフォーラム」に集まった日韓をはじめ、世界の青年たちと「災害を乗り越えて世界へ未来へ」というスローガンを掲げてましたが、「アジア希望キャンプ」はそのスローガンの実践案です。

2015年には日韓国交50周年を迎えますが、今年から日本と韓国で「日韓次世代の未来フォーラム」を年1回行なうことになりました。第1期韓日未来フォーラムは、2014年6月27日、韓国のソウルで開催されました。第二期韓日未来フォーラムは2014年12月20日に開催されます。この韓日未来フォーラムは、「既成世代が演出する季節感の無いレパートリー」ではなく「次世代本人たちによる生きた未来話」です。そのテーマは、「日韓青年の相互理解と交流・協力のために日韓の皆が一緒にできる新しいこと」です。

「コリアプラザひろば」は、韓日社会文化フォーラムの主催する国際交流事業を主管して実施するために作られた株式会社です。2014年6がつからはマンツーマン韓国語サポート」運営しています。これは、韓国に長期滞在されている日本人の方々を対象に無料マンツーマンで韓国語勉強と生活サポートをする韓国人のボランティア活動です。

 

----

 

【用語と名称の定義】

※韓日社会文化フォーラム

1999年に設立されて韓国の外務部に登録されています。

※韓日フォーラム

団体の名前が長いので縮めて読んでいるものです。大韓民国を韓国、中華人民共和国を中国、外交通商部を外交部と縮めて呼ぶことと同じです。

※アジア希望キャンプ機構

韓日フォーラムとは別に、2012年に設立された非営利団体です。国際ボランティアワークキャンプとフェアトレードを実現しています。

※コリアプラザひろば

韓日社会文化フォーラムとは別の株式会社の会社名です。韓日社会文化フォーラムの交流事業を主管して実施しています。