제10회 한일미래포럼 참가후기 (大阪大学 閑田優花)

 

 

 

 

 

で行われた第10回韓日未フォラムに慰安婦問題 ムとして加した。私はもともと日韓問題、特に慰安婦問題に興味があった。日本はすでに解決みとしているのにし、韓はいまだきちんとした謝罪がされていないという。また、ニュスで見る日本民と韓国国民のこの慰安婦問題にする姿勢もかなり違う。私はこの問題について韓の方がどのように考えているのか、またどのような育を受けているのかについて知りたくてこのフォラムに加することにした。一日目、まずと日本では慰安婦問題にしてどのように考えているのか、また、どのような育を 受けているのかが議題に上がった。日本の史の科書では慰安婦問題にする記述はほとん どなく、日本人が慰安婦問題についてれるのはニュスで報道されることくらいでしかない。さらに慰安婦問題にする興味もあまりない。一方韓では慰安婦問題は韓国国民の共通の知 識として存在し、それに連する映やドキュメンタリも多く放送されているため、 心度も高い。しかし、日本と同慰安婦について校でしっかり習うわけではないことがわ かった。そして、両国民とも人によって慰安婦問題にして持っている知識の差が大きいこと が分かった。例えば、日本は1992年日本政府が慰安婦にして時の宮喜一首相が何度も謝 罪の言葉を述べ、さらに1993年には河野談話を表し、慰安婦の制連行に日本軍が関与して いた事を認めお詫びと反省の持ちを表した。しかし、韓国国民でこのことについて知って いる人は少なく、日本はかたくなに謝罪を拒みけていると思っている人が多い。反に日本 人も慰安婦のなどを聞いたり、慰安婦にする被害の深刻さやつらさなどを詳しく知ら ない。慰安婦問題が今もいている一つの原因として、この日韓方の史を詳しく知らず、 史認識に基づいて主張をけているために平行線をたどっているのではないかと考え た。しかし、この問題は日韓両国が何十年も話し合いけているにもかかわらず解決がなされ ていない問題であるので大生が具体的な解決策を見つけ出すことは難しいという話が出た。 そのため、慰安婦問題チムとしてはこの問題が解決の方向へと向かうきっかけづくりを考え ようということになった。そしてそのきっかけとは政府間においてではなく、私たちのような 大生や一般の人のレベルで考えることにした。先ほど述べたように、私たちが話し合い、 最も大きな問題点は日韓両国民がそれぞれ自史認識しかしらないことであると考えた。 日本人は日本の立場からしか慰安婦問題を捉えておらず、また韓も同じである。そのため、 この問題を解決することから慰安婦問題解決のきっかけ作りをることにした。

次に日韓両国民がお互いのの慰安婦問題にする取り組みや史などをどうすれば率的に理解しあえるようになるのかについて議論をした。そこで私はYouTubeを使用するのはどうかという提案をしてみた。YouTubeは日韓の人にとって身近なものであるためより多くの人信できるのではないかと考えたからだ。他にもYouTubeは見た人がその動にコメントを できるのでえる側見る側方の交流もでき、チャンネルを作成することで長期にわたって な情報をえられる。私たちのチムはYouTubeという媒体を使って情報を信すること で日韓方の史認識をえることにした。その後、YouTubeのチャンネルでどのような を投稿するのか話し合った。私たちがチャンネルを作成する目的は日本人と韓人にお互いの 史をしっかりと理解してもらうことであるので日本と韓それぞれの慰安婦問題の やそれにする取り組みや考え方を紹介する容を盛りむことははじめに決定した。また、 今回のフォラムのように日韓の生が集まってそれぞれ討論したり意見を交わす動も撮影 したいと考えた。しかし、それだけだとかなり問的要素がまってしまい、多くの人に興味 を持ってもらえるようなチャンネルにはならないのではないかという意見がでた。そこで、興 味を持ってもらえるように、もしあればだがアイドルや俳優といった有名人が連した問題に して(例えば、IZ*ONEのメンバ、チョユリが慰安婦バッジをつけていたこと)明し   たり、意見を述べたりする容も考えた。他にもこのような慰安婦問題にする投稿ばかりし ていても、重いと感じられたり、飽きられてしまったりするのでこの問題から全く離れた容、例えば日本の光穴場スポットや韓れた名店などといった多くの人が興味をもつしい 容も必要であると考えた。最終的にこのYouTubeという媒体を使えば他の日韓問題を解決す る一つの方法にもなれるのではないかとさらに一進んだ結論になった。

の方との交流

私がこのフォラムで討論と同じくらい記憶にったのは韓の大生との交流だ。日本語も話すことのできる生が多かっため韓語と日本語とを混ぜながらたくさんの話をした。新しい韓語もたくさんんで日本語もえてとてもしかった。私が一番驚いたのは韓生のむお酒の量だ。日本ではビル缶を買うときはたいてい350ml缶だが、韓生はみんな500ml  を買っていた。また、コンビニでは日本とは違ってチュハイなどのアルコル濃度の低い甘いお酒の種類が少なかった。一のチムの一つ年下の女の子は一日目の夜ビルを1.5Lんでいたのに平そうで驚いた。ではお酒をむ合宿があるそうだ。他にも韓のチキンがとてもおいしかった。夜中1時くらいだったのにもわらずチキンの配達ができる韓がうらやましかった。韓人からすると大根の漬物はチキンに無料でついてきたり、おかわりし放題だったりするのにし、日本のコリアタウンでは同じものが一つ300円程度でられているのがとても  不思議だそうだ。チキンに2Lペットボトルのコラが無料でついてきたのにも驚いた。出前や食店のこのようなサビスは韓ならではのものであり、日本でも取り入れてほしいと思った。また、韓のキャッシュレス社に感心した。店によってはカドしか使えない所もあり、キャッシュレスが浸透しているように感じた

 

今回の韓日未フォラムで私はなことを経験し、勉した。3日間という短い間だったがとても成長できたと思う。チムのメンバや通行委員の皆さんに感謝している。

 

Write a comment

Comments: 0